イスラム人と恋愛・国際結婚するまでのエピソード:チュニジア編

チュニジア人やイスラム教の男性との出会いや国際結婚するまでのエピソードを実際の体験談をとおして実際にあったことを紹介しています。

イスラムの戒律とチュニジア人の恋愛や結婚に対する自由さを比較しました!

イスラムの人と出会いや結婚するということは次の3つを特によく注意したほうがいいです。

 

f:id:francerenai:20180327111327p:plain

 

  • 宗教上の無知からくるいろいろなトラブル
  • 男尊女卑の戒律の厳しい国
  • 結婚相手の経済状況

 

上記のトラブルはイスラム教の戒律が厳しく、今でも女性の地位はないもので男性のパートナーの意見が100%絶対であるという国の人だと、やはり考え方も宗教も自由な日本で育っていると、十分気を付けなければならない点です。

 

日本にもイスラム教の国から人たちはたくさん生活しています。

だからそのような人たちとの出会いもあります。

イスラム圏の人は国にもよるけど、顔の濃いイケメンもそろっていますからね。

 

イスラム国々の中でも恋愛にはならないように出会いから注意しておいたほうがいい人たちは、中東の国々や貧しい東南アジアのイスラム圏の人たち。

 

こういう人は日本に出稼ぎに来ている場合もあるし、何より宗教の戒律が厳しく女性の地位がほんとにないといっても過言ではないからです。

 

時々イスラムの女性が男性のパートナーに殺されているショックなニュースも聞きますよね。それは戒律の厳しいイスラム教徒の国なんですよ。

 

フランスの女性を大切にする男女平等が根付いているチュニジア

f:id:francerenai:20180327112606p:plain

 

だから日本でイスラムの人と偶然出会うにしても、戒律の厳しくない国のチュニジア人やモロッコ人はヨーロッパ、とくにフランスの習慣や文化を濃く受けているので、このような国の男性と出会うと女性はとても優しくしてもらえますよ。

 

個人的な経験ですが、チュニジア人の彼氏が予約してくれていた宿泊先はアパートだったのですが、独りで予約するのはチュニジアの男女関係に対する法的な事情からホテルを予約するのは無理だったんです。

 

だから宿泊先も快適でホテル並みの立地の場所と安全さ等を選び、大きなアパートの一室を借りてくれてました。

 

それも彼が独りで予約してしまったので、あとで私が気に入らなかったら宿泊先を変更できるようにと最初の2日間だけアパートを予約してくれ、あとは私の意見を取り入れて気に入らなければ他の物件を探して、そのままでよければ大家に宿泊続行という形で宿泊先を決めていくこともでました。

 

ちゃんと恋人でもパートナーの意見も考えて取り入れてくれる人なんだなと感じました。

 

f:id:francerenai:20180327112846p:plain

 

小さなことですがこういうパートナーの意見を考えてくれる、一緒に物事を考えて決めていくという優しさは結婚生活でも大切だなと思います。

 

そういう相手のことを考えられるのがチュニジア人の良さでもあるんです。これはパートナーと生活していくという男女平等の考えから来ているんですよ。

 

これもフランスの習慣がチュニジア人の若者や40代前半までの多くの人たちに根付いている文化です。