イスラム人と恋愛・国際結婚するまでのエピソード:チュニジア編

チュニジア人やイスラム教の男性との出会いや国際結婚するまでのエピソードを実際の体験談をとおして実際にあったことを紹介しています。

チュニジア人の彼からの告白のアプローチはどんな感じ?

f:id:francerenai:20180318125101g:plain

 

日本人的には交際するときには「告白」が存在しますよね。

付き合ってほしいとか、付き合ってくださいとか。

 

相手の人が何を望んでいるのか分かりやすい表現なのでいいのですが。

 

ではチュニジア人はどうなんなのでしょうか?

 

よく欧米人は「日本式の告白の言葉」に相当するような分かりやすい表現をすることを避ける文化と言われています。

 

否定はしません。

が、私の元夫のフランス人も、元カレのモロッコ人も今の彼で真剣に交際中のチュニジア人の彼も具体的な交際へのアプローチの言葉はありました。

 

これが例外なのかそうでないのかわかりませんが。

 

1ついえることは、同じ国同士の男女であれば一般的に言われているように欧米人には「具体的な日本式の告白」はなく、なんとなく二人でいるから付き合うようになったということが常なんでしょうね。

 

ただこれは同じ国で育った人同士で通じることなんですよ。

言わなくても理解できるといった領域でしょうか?

 

f:id:francerenai:20180318125149g:plain

 

逆に相手が外国人同士だった場合、育った文化も習慣も違うし、どちらかが母国語でない言葉を話しているのだから、大切なことは「はっきりした分かりやすい言葉を使う」ことがお互いに感じていることです。

 

だからこそ正式に付き合う前に日本式の告白に近いアプローチをする外国人は多いです。

 

f:id:francerenai:20180318124938p:plain

 

実際今の彼のチュニジア人も同じ。

 

出会いはフェイスブックでメッセージをもらったことから始まりましたが、友達でいる期間が5,6年過ぎ、「特定の彼氏は今いるの?」「正式に付き合いたい」という言葉をしっかりともらいました。

 

こうして言ってくれると相手がチュニジア人であろうと何を願っているのか、考えているのかが100%わかります。

 

 

私の場合、チュニジアと日本で遠距離恋愛中なので「お試し期間のデート」ということは存在しませんが、お互いの本気の気持ちが理解できたので、交際スタートしてます。

 

 

元夫のフランス人からも付き合う直前に長い手紙を何度か頂き、その中にしっかりと文章で「付き合いたい」と日本式の告白をしてきましたよ。

 

やはり相手が日本人女性のように外国人と真剣に付き合いたい場合、しっかりと自分の気持ちを分かりやすい言葉で伝えてくる外国人は多いです。